So-net無料ブログ作成

【祝1000号!】 1986年の『ファミコン通信』創刊案内 [日記・雑感]

ログイン通信 1986年6月7日 第15号 (月刊)

 いま、はっきりいって、ログイン編集部は、しこたま忙しい。それはなぜか!!
 知っている人は、知っていると思うが、きっと知らない人はぜんぜん知らないはずの、そーなんです、ログインから新雑誌がドドドドドドドーンと創刊されてしまうのだああああっ!
 その雑誌とは、『ファミコン通信』!! そう、あの人気絶頂の分野にログイン編集部が乗り出したのだ。同業者のみなさん、後発雑誌ですので、よろしくかわいがってくださいね。それからログイン読者のみなさん、エムマガ読者のみなさん、書店でちらっとこのページを見かけたみなさん、ぜひ『ファミコン通信』買ってくださいね。もんのすげー企画ばっかりそろえておりますので、買って損はない、と断言しちゃいます。あっ、忘れてましたけど、完全隔週で、バシバシ迫っちゃいますし、定価290円ですし、とにかく6月6日創刊号発売ですので、よろしく。

*MSXマガジン86年7月号「ログイン通信」より


以上、本日2月1日で通巻1000号を迎えた『ファミ通』の創刊案内を引用させてもらいました。
第1号の発売は1986年6月6日。もう22年近く昔のことなんですね。

ところで、上の告知文でも触れられているように、元々『ファミコン通信』とは(株)アスキーが発行していたPCゲーム雑誌『ログイン』内の一コーナーが独立したものでした。

当時、家庭用ゲームをメインに扱う情報誌と言えば『ファミリーコンピュータマガジン』(徳間書店)を筆頭に、『Beep』(日本ソフトバンク)、『ファミコン必勝本』(JICC出版局)、『ハイスコア』(英知出版)、『マル勝ファミコン』(角川書店)、『ゲームボーイ』(マガジンボックス)などと既に多数の出版社が参入していました。
意外と忘れがちな事実ですが、『ファミコン通信』は家庭用ゲーム専門誌の中では後発だったのです。

しかし、「ニュースのファミ通、攻略のファミマガ」との言葉が示すように、“情報の速報性”に重きを置いた同誌は、新作ソフトをまちわびるゲーム少年たちに歓喜の声で迎えられました。また、名物編集者のクロスレビュー、『ログイン』譲りのおバカな企画、読者ポイントのガバス等の魅力的な誌面作りによって、またたく間に『ファミコン通信』は人気ゲーム雑誌の地位を確立します。

もちろん、近年の『ファミ通』に様々な問題(レビューの質、誤報、特定メーカーへの不自然な配慮)が存在することは承知しています。
ただし個人的には、いまや膨大な量となったゲーム情報を週刊ペースで発信している点に対して、純粋に敬意を憶えますね。

なにより、かつての『ログイン』の悪ノリ(ヤマログとかバカチン市国とか)を知る者としては、20年前と変わらずにバカ4コママンガや習字ネタを掲載し続けている読者投稿コーナーを評価せずにはいられません(笑)。
アスキーの遺伝子、いまだ健在也。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。