So-net無料ブログ作成

【艦これ】 艦娘たちの激闘 (AL/MI作戦) [レビュー]

kc_2014summer_e6a.jpg

要約:大規模遠征の隙を突かれて、本土に敵が攻めて来たでござるの巻



 更新が遅くなってしまったが、艦これの2014年夏イベントもいよいよ最終ステージ。
 AL/MI海域へ主力が出払っているところに、敵の別働隊が出現したという設定だ。そのため、AL/MI作戦に出撃した艦娘は本作戦に参加することができない


kawauchi02.jpgしかし提督。敵の急襲を受けたというのに、あまり驚かれていませんね?

ああ、実は長距離偵察部隊より、先のピーコック島攻略作戦において敗走した敵艦隊が戦力を回復しつつ、北太平洋海域に潜伏している可能性があるとの報告を受けていたんだ。

kawauchi02.jpg…!!! あの時の戦艦棲姫が復讐戦を仕掛けてくるかもしれないと、提督は予測されていたのですか!?

(しかしこの情報、上には伝わっていなかったフシがある。AL/MI作戦を立案した強硬派の増長を望まない勢力の仕業か?あるいは…)

 …などといった感じの脳内ストーリーをでっちあげつつプレイしてみる。

 最初に白状してしまうとイベント開始2日目の時点で、twitterを通じて最終ステージが存在することは聞いてしまっていたのだ。(ただし具体的なステージ内容までは、MI作戦を終えるまで情報を遮断している)
 ともあれこの「本土近海防衛線」、史上最難関のステージということで、まとめblogやwikiの閲覧を解禁した上で攻略方法を検討している。

 さて具体的な手順だが、本ステージはルート固定に関してはかなり容易で、艦隊に軽空母2隻を組み込んでいれば北回りルートの3戦目まで確定する。残り4枠に、重雷装巡洋艦と大和型戦艦、金剛型戦艦改二を加えるのが王道編成と言える。

 しかし我が艦隊では、ゲージ削り時からの戦艦投入は却下。理由は、最終ステージ到達時点で燃料が2万程度しか残っていなかったからだ。出撃・修理コストの高い戦艦を使って敗北が重なれば、あっという間に燃料が底をつくことになるだろう。
 幸いにも、AL/MI作戦の出撃メンバーをかなり絞り込んでいたので、編成に困ることは無い。


kc_2014summer_e6b.jpg

 というわけで、まずは雷巡1重巡3軽空母2で出撃。
 支援艦隊の攻撃が良く当たってくれたおかげもあり、完全勝利を収めることができた。削り段階では、戦艦抜きでも十分戦えると確信。
 ただし軽空母2は、航空戦でダメージを抑えるためと割りきって、艦戦、彩雲と応急修理要員(ダメコン)しか搭載していない。そのため、砲戦時に置き物になるのがいさかか面白くない。


kc_2014summer_e6c.jpg

 そこで、雷巡1重巡2正規(装甲)空母3という変則的な編成を試してみた。空母の装備スロットには、上から艦戦、艦攻or艦爆、彩雲、ダメコンを搭載。これで砲戦時でも攻撃に参加できることに加え、仮に道中で大破してもダメコン消費覚悟で進撃しボス到達率を上げる構えだ。


kc_2014summer_e6d.jpg

 出撃12回を終えた時点でボス到達9回(うち完全勝利6回)。ボスゲージを7割近くまで削ることに成功。

 極めて順調な展開…と思いきやここからが長かった。
 道中に陣取る空母棲姫の攻撃からの大破撤退が頻発。また、せっかくボスに到達しても交戦形態や攻撃の巡り合わせが悪く、わずかなダメージしか与えられない結果も多かった。

 さらに、この編成は道中3戦目で夜戦マスに分岐する可能性がある。もちろん、それは承知の上だったのだが、(最終的に)夜戦マスへ分岐した7回のうち突破はわずか1回と、想像以上に勝率が悪かった。(今にして思えば、正規空母3に固執するのではなく、正規空母1軽空母2という編成にするべきだったかもしれない)


kc_2014summer_e6e.jpg

 出撃30回目(ボス到達15回目)。18戦ぶりの完全勝利で、ついにボスゲージを9割以下にまで削り取った。
 ちなみに出撃メンバーは常時キラ(戦意高揚)付けをしていたのだが、出撃25回目まではステージ1-1を一周しただけの、いわゆる一重キラでもOKとしていた。あまりに道中撤退が重なるため、26回目以降は全ての艦が二重キラ以上を保つように方針変更した。個人的には、相応の効果を実感。


kc_2014summer_e6f.jpg

 いよいよ最終戦ということで、艦隊編成を本気モードに。正規空母を外し、大和型戦艦2隻を投入。道中、決戦支援艦隊も毎回派遣。


kc_2014summer_e6g.jpg

 そして迎えた出撃34回目(ボス到達16回目)。
 砲雷撃戦を終えた時点での状況。我が艦隊は大和が大破するも北上、妙高が健在。
 対して敵艦隊は、戦艦棲姫以外の護衛を撃沈している上に、ボス戦姫を残りHP207まで追い込んだ。護衛戦姫は中破状態なので旗艦ガードが発動しないのも大きい。


kc_2014summer_e6h.jpg

 夜戦突入。
 ここでまさかの、北上がカットイン攻撃発動ならず!
 護衛戦姫にダメージ0の大失態。しかし敵戦姫の攻撃は、5枠目の羽黒と6枠目の大鳳へと向いてくれた。


kc_2014summer_e6i.jpg

 最後は、妙高がボス戦艦棲姫に連撃を決めてフィニッシュ!幸運にも、2分の1のバクチに打ち勝った形だ。

 総出撃回数34回、ダメコン消費数6。個人的には、過去最高に苦戦したイベントステージとなった。

kawauchi02.jpg 敵艦隊の撤退を確認。おつかれさまでした、提督。

軍令部に連絡してくれ。なんとか終わった、もう一度やれと言われても出来ない、とね。

kawauchi02.jpg …後半のご発言は、聞かなかったことにします。


(これにて、艦これの2014年夏イベントのプレイレポは終わります。ここまでお付き合いくださった方、ありがとうございました)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。