So-net無料ブログ作成

アラモゴードの『E.T.』発掘ニュースについて [レビュー]

Success! Atari E.T. games found in New Mexico dump (CNET)
Long-Buried E.T. Cartridges Unearthed at New Mexico Landfill (Xbox Wire)

都市伝説は本当だった、ニューメキシコ州の「Atariの墓」から最悪のクソゲー『E.T.』カートリッジが発掘される (Game*Spark)
伝説は本当だった!アラモゴード市の埋立地発掘作業からAtari 2600版「E.T.」のカートリッジが出土 (doope!)



epic_day.jpg既にご存知の方も多いと思いますが、「E.T.の埋葬地」として知られる米国ニューメキシコ州アラモゴードの処分場の発掘作業が、4月26日に行われました。これは、マイクロソフトがXbox向けに制作しているドキュメンタリー番組の一環であり、希望者は誰でも見学可能とあって、現地では大きな盛り上がりを見せたようです。

結果は、上に挙げたニュース記事の通り、見事に埋め立てられていたVCS対応ゲームソフトの『E.T.』を発見。この『E.T.』は、いわゆるアタリショックと呼ばれる83年の家庭用ゲーム市場崩壊を象徴するタイトルとしてあまりにも有名です。その末路が、実に30年以上もの時を越えて、再び我々の目の前に現れたと言えます。


ただし今回の件について、国内のニュースサイトが揃いも揃って「伝説は本当だった」という記事タイトルを付けている点には、一言断りを述べさせていただきたいところです。

現在、世間一般で流布しているアラモゴードの埋葬伝説とは、おおまかに言うと次の三点を挙げることができるかと思います。

(1) 1983年9月、テキサス州のアタリ社エルパソ工場より運びだされたビデオゲーム製品が、ニューメキシコ州アラモゴードの処分場に埋め立てられた。
(2) 埋め立てられたビデオゲーム製品は、数百万本にもおよぶゲームソフトの『E.T.』であった。
(3) 盗掘を防ぐために、ビデオゲーム製品はスチームローラーで粉砕された上で、埋葬地点はコンクリートで固められた。


(1)に関しては、当時のアタリ社自身も認めており、従来から疑う者はいませんでした。(3)については後述します。
問題なのは(2)です。

繰り返しになりますが、アラモゴードに大量のビデオゲーム製品が埋め立てられたのは事実です。また、その中に『E.T.』が含まれていたことは間違いないであろうというのは、近年ではアメリカのVCSフリークの間で定説となっていました。(現に今回のCNETの記事でも、83年当時に処分場から『E.T.』のROM基板を拾ったとする地元住民の証言が紹介されています)

すなわち、アラモゴードの一件を、センセーショナルな伝説として広く知らしめている理由は、「数百万本の『E.T.』」という、その数量的な大きさに集約されると言えます。

確かに、アタリVCS対応ソフト『E.T.』は、高額なライセンス料と過大な販売予測に基づき、500万本が製造されました。しかも、その販売本数は150万本程度にとどまり、残りの350万本は不良在庫と化したと伝えられます。
しかし今回の発掘結果は、あくまで埋葬品の中に『E.T.』が含まれていたことが実証されただけです。伝説の最も重要な部分である、「数百万本もの『E.T.』が埋め立てられた」ことが明らかにされたわけではありません。このことは、くれぐれも誤解なきようにと強調させていただきます。
(ちなみに、今回の発掘では『E.T.』の他にも、『フェニックス』『センチピード』などのVCSソフトが発見されています。複数のゲームタイトルが廃棄されていたという事実だけでも、旧来の「伝説」から受ける印象とかなり違うのではないでしょうか?)

そういうわけで僕個人としては、『E.T.』が実際に処分場から発掘されたとの報告それ自体は、特に驚くべき話ではないという感想です。


ところで、今回の発掘された『E.T.』ですが、写真を見る限りパッケージ部分はダメージを受けているものの、かなり状態が良いと思われた方は多いのではないでしょうか。僕自身も、上の(3)に挙げたように、埋め立てられた廃棄製品はその多くが粉砕処理され、原型を留めていないのではないかと考えていました。
この件について、 AtariAgeのフォーラムに興味深い投稿を見つけました。投稿者はアラモゴード処分場の近隣に住んでおり、今回の発掘イベントにてドキュメンタリー番組の監督を務めるZak Penn氏と直接会話をしたそうです。主な内容は次の通り。

■スタッフは、発掘に先立つニ日ほど前から現地調査を行っていた。
■理由は、ゲーム製品が最初に埋められた地点を特定するためである。その地点は、警備員の見張り以外に保安措置が行われていなかったからだ。当時、ゲーム製品の埋め立てが報道で知れ渡って以降の場所は、コンクリートで固められてしまった。
■スタッフはまずコンクリートで固められた場所を見つけた。そこで周辺を調査し、最初に埋められた地点に行き当たった。
■すなわち、コンクリートで固められた場所は、今回は発掘されていない。


なるほど、そのような経緯であったのかと納得しました。
そして、コンクリートで固められた場所は、いまだ手付かずで残っているわけです。どれほどの『E.T.』が埋め立てられたのかを全て確認するのは、極めて困難な作業となりそうですね。


(関連記事)
アタリVCS『E.T.』の埋葬は無かったんだ論

(写真の出典)
Elan Lee (elanlee) on Twitter
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。