So-net無料ブログ作成
検索選択

任天堂前社長・山内溥氏の逝去に思うこと [日記・雑感]

pres_yamauchi.jpg任天堂前社長の山内溥氏死去 ファミコン生みの親 (京都新聞
任天堂の山内溥前社長、コメントでしのぶ (日本経済新聞)

心よりご冥福をお祈りします。
人はいつか死ぬ――そんなことは百も承知していますし、日本人男性の平均寿命を上回る御年85歳であったことを思えば、きっと天命を全うされたのだと信じたいところです。
それでもやはり、ビデオゲーム史に偉大な足跡(そくせき)を残した人物がこの世から去ってしまわれたことに、言いようのない悲しみを憶えます。

今回の報道で略歴を目にした方も多いかと思いますが、山内溥氏が任天堂の社長に就任したのは1949年。先代社長の祖父・山内積良が急逝したため、わずか22歳で家業の花札・トランプ製造販売会社を引き継ぐことになります。
以後、山内氏は半世紀以上に渡って経営者として辣腕を振るい、旧来の玩具類に囚われない新規事業に挑戦し、幾度かの困難を乗り越え、そして任天堂を世界的規模のビデオゲーム会社へと成長させました。

任天堂が現在の地位を築くに至ったターニングポイントはいくつかありますが、私見ながら最も影響が大きかったのはNES(ファミコン)のアメリカ進出を成功させた点ではないかと僕は考えます。
1986年、任天堂はNESの販路を全米へと拡大。いわゆるアタリショックで灰燼と化していた家庭用ゲーム市場を復活させ、87年から88年にかけてNESは一大ブームを引き起こしました。
その時、山内氏の年齢は60歳。自身はまさに老境へと入らんとする時期に、ようやく任天堂は世界市場への確かな一歩を踏み出したのです。

山内氏の座右の銘は、「得意冷然、失意泰然」であったと伝えられます。
事実、歯に衣着せぬ物言いが有名であった山内氏ですが、任天堂がビデオゲーム会社として大成した理由を問われた際には、必ずと言っていいほど「運が良かっただけ」と返答しています。

度々の失敗と不運に翻弄されつつも、遂に僥倖を掴んだ山内溥氏の経営者としての半生を思うと、任天堂(運を天に任せる)との社名自体がまるでこのことを予言していたかのようだ――いささか不遜な発想ではありますが、ついそんなことを考えてしまいます。

長い間、ありがとうございました。


(イラストの出典)
■『任天堂商法の秘密』 高橋健二 祥伝社 1986年
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。