So-net無料ブログ作成
検索選択

『Qバート』の世界記録が更新、総プレイ時間は84時間48分 [レトロゲーム]

Gamer hops for almost 85 hours to set new Q*bert world record (Examiner.com)
30年間破られなかった『Qバート』の世界新記録がついに破られる! (Kotaku JAPAN)

アメリカで『Qバート』の世界記録が更新されました。新記録となったスコアは37,163,080点、プレイに要した時間はなんと84時間48分(丸三日以上!)です。
ちなみにこれは、「1クレジットで最も長くアーケードゲームをプレイした記録」を同時に更新したことにもなります。





Q*bert (英語版wikipedia)
Q*bert (KLOV)

そもそもこの『Qバート(Q*bert)』というゲーム、我が国ではあまり知名度が高くないように思います。
元々はアメリカのゴットリーブ社が1982年に発売したアーケードゲーム。日本でもコナミより販売されていますが、残念ながら僕は当時に実物を目にすることはできませんでした。
家庭用機への移植例としては、オセロマルチビジョン版、MSX版、そしてSFCの『Qバート3』が存在します。

実際のゲーム内容は、上に挙げたニコニコ動画を見ていただければわかりますが、画面内の全てのキューブを通過して指定された色に変える「ペイントローラー系アクションゲーム」の一種。シンプルなルールながら、奥深いゲーム性を有します。加えて、アイソメトリック表現のフィールドと画面全体のポップな色使いは一度見たら忘れられないインパクトがあります。キモカワ系(?)の自キャラもユニークですね。
実際、海の向こうのアメリカでは80年代前半のアーケード黄金期を代表する作品として、必ずと言ってよいほど名前が挙がります。

話を戻して今回の記録更新について。
これまで『Qバート』は、1983年に達成された33,273,520点が世界記録として君臨し続けていました。なんと言っても「記録の壁」となっていたのはプレイ時間で、このスコアを上回るには計算上70時間を必要とします。
もはやゲームというよりも修行やガマン大会の域に入っている気がするのですが、近年になって幾人かのトッププレイヤーたちが果敢にも記録更新に挑んでいました。そして今回、ニュージャージー州在住のGeorge Leutz氏が大幅記録更新の偉業を成し遂げられたわけです。




qbert_movie.jpg
Wreck-It Ralph

余談ですが、日本では3月末に公開されるディズニー映画シュガー・ラッシュ(Wreck-It Ralph)』に、『Qバート』が登場しています。
映画の中で、ゲームキャラたちは人間のように感情や意思を持っており、電源ケーブルを通じて各ゲーム作品に出演しているという設定になっています。そして『Qバート』のキャラは、ゲームセンターから筐体が撤去されてしまったために、物乞いに身をやつしているという役回りを務めているようです。

…今回の新記録達成の話を聞いてしまうと、『Qバート』が未稼働ゲームというのはものすごく違和感を覚えますね。むしろ長時間プレイでゲームキャラたちも働きすぎて、過労になってそうです(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。