So-net無料ブログ作成
検索選択

アタリ40周年 [日記・雑感]

atari_40th.jpg
Iconic video game company Atari reaches 40th anniversary (Examiner.com)
[海外ゲームニュース]紆余曲折を経てここまで来ました。Atariが40周年を迎える (ファミ通.com)

今からちょうど40年前の本日、1972年6月27日。
米国カリフォルニア州サンタクララで世界初のビデオゲーム会社――アタリが誕生しました。

うん、まあ実を言うと、今朝にTwitterのアタリ公式アカウントを見て気付いたのですけどね(笑)
とはいえ、“ビデオゲーム産業の開拓者”たるアタリが設立40周年を迎えたと聞いては、一人のゲームファンとして居住まいを正される思いがするのも、また事実であります。

アタリに関するラフな説明は、日本語版wikipediaのアタリ(企業)の項を参照頂きたく思います。
初めて商業的に成功した業務用ビデオゲーム「ポン」、“ファミコン以前”に一時代を築いた家庭用ビデオゲーム機VCS、そして「ブレイクアウト」「アステロイド」「センチピード」「ミサイルコマンド」など数多くの名作ゲームを生み出しました。
そのゲーム史上の功績は枚挙に暇がありません。

ただし会社組織としてのアタリは、1983年のビデオゲーム市場崩壊における最大の犠牲者となり、84年に家庭用部門、85年に業務用部門が分割売却されてしまいます。
その後の紆余曲折を経て2012年現在、アタリを名乗っているのはかつての家庭用部門の末裔です。そして、業務用部門を受け継いだミッドウェイゲームズは2009年に破産し、その権利はワーナーが取得しています。

とはいえ、“アタリ”こそがビデオゲームの代名詞であった時代が過去に存在したことは、紛れも無い事実です。
幸いなことにアタリのビデオゲームたちは、現在でも家庭用機の配信サービスやスマートフォンアプリを利用して遊ぶことができます。今宵は是非とも、アタリのゲームをプレイしながら、その偉大な歴史に思いを馳せるのも一興ではないでしょうか。




*上のyoutube動画に登場するビデオゲームは次の通り。
1:38 業務用「ポン」を囲んで。左からアタリの共同設立者テッド・ダブニー、“ビデオゲーム産業の父”ノラン・ブッシュネル、経理担当のフレッド・マーレンシェイク、「ポン」開発者アラン・アルコーン。
1:43 業務用「ポン」 (1972年)
1:52 ブッシュネルと家庭用「ポン」 (1975年)
1:58 「タンク」 (1974年)
2:03 「アタリ・フットボール」 (1978年)
2:10 「アステロイド」 (1979年)
2:17 VCS「エア・シー・バトル」 (1977年)
2:24 VCS「スペースインベーダー」 (1980年)
2:38 VCS「アウトロー」 (1978年)
2:54 「センチピード」 (1981年)
2:56 「テンペスト」 (1981年)
2:58 「アステロイド・デラックス」 (1981年)
3:12 VCS「ミサイルコマンド」 (1981年) 
3:14 VCS「ウォーロード」 (1981年)
3:28 400/800「スターレイダース」 (1979年)


"HAVE YOU PLAYED A ATARI VIDEO GAME TODAY?" pic, courtesy of @blastAgain
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 1

名無ぬ

グラビターこそが至高。
アタリ最高。
by 名無ぬ (2012-06-29 15:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。