So-net無料ブログ作成

クリアできなかったレトロゲームの思い出 [レトロゲーム]

【トレビアンGAME】最近のゲーマーは最後までクリアーできない! 途中で挫折した理由は!? (from Livedoorニュース)
「難しい」「システムが複雑」「途中でさめた」 ゲームを最後までクリアーできないゲーマーが急増 (from 痛いニュース)

う~ん、確かに「最後までゲームをクリアできない人」が近頃増えているのは一面の事実かもしれません。

これは僕がつい先日に『大奥記』というゲームをプレイしていて気付いたことなのですが、ちょっとロード時間が長かったり、ちょっと謎解きに行き詰ってしまったり、ちょっと操作系に難があったり、ちょっとストーリーが理不尽なだけでも、ゲームに不満を覚えてしまう自分にハッとしました。
かくいう僕自身、「不親切なゲーム」への耐性がいつのまにか下がっていたのです。

そういうわけで、上の記事で挙げられているように「セーブするタイミングがわからない」とか、「キャラの動きが遅すぎる」とか、「思い通りに動かせない」といった瑣末な理由でゲームを放り投げてしまうことが、心情的によく理解できます。
良くも悪くも現在のプレイヤーって、ゲームを見る目が肥えてしまっているんでしょうね。

・・・いや、実際のところ『大奥記』のダメさ加減は、ちょっとどころでは済まないレベルですが(笑)

そんな感じで、いつものようにオチがついたところで本題に入りますが、ふと過去を振り返ってみると「クリアできなかったレトロゲーム」って結構あることに気付きました。
つーわけで、ちょっと個人的に思い出深い作品をいくつか挙げてみます。


romancia.jpg
■ロマンシア (日本ファルコム 86年)
ファルコムの伝説的なムズゲー。
ノーヒントでは絶対にわかんねぇよレベルな謎解きのオンパレード。加えて、アクション的にもタフなプレイを要求される作品です。
僕自身は、地下帝国で挫折してしまった記憶がありますね。MSXFANの全マップを見ながらプレイしてたはずなのですが、似たような地形が続くためにいつも迷ってしまってました。

※クリアできなかった理由>難しすぎる



dangeon-master.jpg
■ダンジョンマスター (アスキー 86年)
ダンマスと聞くと、海外産3D-RPGを思い出す人が多いかもしれませんが、オレ的にはこちら。
キーボード&ジョイスティック×2と最大3人同時プレイが可能な、ちょっと毛色が変わったアクションRPGです。(もっとも僕はシングルプレイしか経験がありませんが)
確かROMカートリッジだけ友人から借りてきてプレイしたのですが、殺風景なダンジョンに放り出されて、何をすればいいのかわからず途方にくれてしまいました。うん、やはりマニュアルって重要ですね。

※クリアできなかった理由>ゲームの目的がわからなかった



ishin.jpg
■維新の嵐 (光栄 89年)

「リコエイションゲーム」シリーズの記念すべき第一作。(正確には、88年発売のPC98版がオリジナルだけど)
比類なき自由度を誇るSLGです。しかし、本作で最も重要な行動である「説得」に際して、相手の好みとなる話題(女遊び、酒、金銭欲)を把握していないとコテンパンに論破されてしまいます。
仕方が無いので、天橋立や長崎のグラバー邸を観光したり、佐渡の鉱山で金掘ってたりと全国漫遊してました。もう、やってることは明治維新と全然関係ないですね。

※クリアできなかった理由>要人を説得できない



shalom.jpg
■シャロム (コナミ 87年)
魔城伝説シリーズ最終作。一作目がSTG、二作目がアクションRPG、そして三作目がADV(ボス戦は一部アクション)と、作品毎にジャンルが全然違うのはMSXユーザーの間では常識?
とてつもなくフラグが多いくせにゲーム中でのヒントは少なめ。攻略情報必須の作品です。
ちなみに僕は、どうしても第4の魔王に会うことができませんでした。友人にエンディングを見せてもらったこともあり、自力クリアの意欲が失せてしまったのです。

※クリアできなかった理由>途中で行き詰った



zarth.jpg
■ザース (エニックス 85年)

アドラ山に行けない。ロープを取った後どうすればいいの?森の中で寝たら、獣に襲われて死んだよ!

※クリアできなかった理由>いきなり挫折した


・・・なんだかこうやって思い返してみると、最近のプレイヤーのことをちっとも悪く言えないなぁ(笑)。
「ゲームを最後までプレイできるか否か」は、ゲーマーにとって永遠の課題なのかもしれませんね。


●今回の記事のスクリーンショット及び発売データは、Tagooより転載させていただきました。
タグ:ゲーム
nice!(8)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 8

コメント 10

トヤっち

確かにレトゲーでクリアができず終いってのは結構ありますね。
まず、設定が今ほどうまくできてないから…
ちなみに僕は魔界村シリーズですね。超魔界村に関しては、グラフィックアップで初めて数分の興奮に終わりました…
by トヤっち (2008-08-03 01:37) 

ミノシマ

海外のダンマスの方もやたら難しかったよ。
地下4階ぐらいで私は挫折した。
方眼紙を買ってきてマッピングはすごくした。
でも終わらなかった。
今はタダでサイトからPC版が落とせるらしいからもう一度やってみようかな。
by ミノシマ (2008-08-03 06:07) 

M_t

こんにちは。
ZETA2000が解けません(涙)
というか、ザコが強くて進めません。
loderunさんがザースを未クリアというのは、意外な驚きでした。

by M_t (2008-08-03 09:29) 

kasokage

> 「不親切なゲーム」への耐性がいつのまにか下がっていた

これわかるなぁ。昔は粘り強かった。
小学生の時『ハイドライド』で3人目の妖精の助け方がわからず、堪らず友人に聞いてきたら親父に「自力で解け!」と怒られた経験があります。あの教育は正しいと今なら言える(笑)
by kasokage (2008-08-03 10:55) 

loderun

>トヤっちさん
はじめまして…ですよね?コメントありがとうございます。
昔のゲームの設定やシステムが「不親切」だった理由については、やはりハードウェアの制約が大きかったですね。
魔界村シリーズについては元々高難度がウリなので、誰でもクリアできるようにはデザインされていないと思います。実は僕自身、全作品通してクリア経験がありません(笑)

>ミノシマさん
そもそも僕は海外ゲームの方のダンマスを一度もプレイしたことが無いんです。
フリー版が存在するとはしりませんでした。情報ありがとうございます。http://ragingmole.com/RTC/
さっそく挑戦してみますね。
by loderun (2008-08-04 13:04) 

loderun

>M_tさん
そうなんです、実はザースはいまだに未クリア(笑)。当時、ノーヒントで挑戦してたのですが、やはり無理でした。現在所有しているTAPEも、2年ほど前にヤフオクで再入手したものです。
Z2000の攻略記事は、昔のMマガにスタート直後のマップが掲載されていたくらいで、全く見たことがないですね。

>kasokageさん
たしか超クソゲーという本の中で『たけしの挑戦状』を担当した方が言ってましたが、あの頃のプレイヤーってまだ純粋だったので、「努力すれば、ゲームは必ずクリアできる」って信じてたんですよね。
ムリなものはムリ!(笑)
by loderun (2008-08-04 13:44) 

Morimo

私はレリクス。。。全くクリアできませんでした。。。
by Morimo (2008-08-04 22:51) 

loderun

nice!ありがとうございました。
「レリクス」は暗黒要塞ではなく、PC版の方ですよね?(笑) ウサギ型の生物に憑依するといきなりクリア不能とか、懐かしいゲームです。
あと、当時の僕はまだ義務教育課程だったので、英語で書かれたヒントの意味がわからず行き詰ってしまうことが多かったですね。
by loderun (2008-08-06 10:05) 

Turbo381

こんばんは。
クリアできなかったゲームは非常にたくさんあるのですが、とりあえず今思い出したのは「スキーム」でしょうか。古代さんのサウンドが聴いて終わった記憶が...
by Turbo381 (2008-08-06 23:54) 

loderun

nice!ありがとうございます。
僕は「ザ・スキーム」は残念ながら未プレイですね。PC88を所有されていたのでしょうか?元MSXユーザーとしてはちょっと羨ましいです。
by loderun (2008-08-07 22:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。