So-net無料ブログ作成

DS『どきどき魔女裁判』、海外での反応は? [レビュー]

TGS Hands-Off: Doki Doki Majo Saiban
今年の東京ゲームショウで、私を最も驚かせたものの一つはSNKブースです。もちろん、それはSNKが雇ったコンパニオンたちのことではありません。


当blogでは何度か紹介しているアメリカのゲーム系ニュースサイト4 color rebellionより。日本在住のVinnk氏は上のような書き出しで、SNKプレイモアの新作DSゲーム『どきどき魔女裁判(仮)』をリポートしている。

『どきどき魔女裁判』については、すでに我が国でもネットで報じられており、ご存知の方は多いでしょう。

SNKプレイモアブースレポート 「どきどき魔女裁判(仮)」などDSオリジナルタイトルが続々登場 (from GAME Watch)
マルチエンターテインメント戦略を見据えた幅広い作品群を一挙放出!――SNKプレイモア プレスカンファレンス (from IT Media)

んで、ネット上の反響は予想通り(なのか?)
「魔女の体をタッチする」というシステムと、公開された画面写真から大盛り上がりを見せています。

DSでエロゲ? 【DS】 どきどき魔女裁判!(仮) (from 痛いニュース)


一方の海外の反応だが上の4color rebellionと、やはり『魔女裁判』を取りあげているKotakuのコメント欄をざっと眺めてみました。

おおざっぱな傾向を述べると、「DS万歳!」、「輸入してでも絶対買う!」、「英語版希望!」などと肯定する声が半分(笑)
残りの半分は、「任天堂ハードで大丈夫なの?」、「DSのユーザー層を広げることにつながるので商業的にはいいことなんじゃない?」、「これはひどい」などと議論しているような感じです。
…なんだか、日本とあまり反応が変わりませんね。

やはり、日本のメーカーの動向を普段から注視している海外のゲームファンにとっても、他社と比べて性的表現に厳しい(とされる)任天堂ハードにおいて、このようなキワどいゲームがリリースされることに少なからず驚いているようでした。

しかしVinnk氏も指摘していますが、実はDSでは既に『タッチde楽勝!パチスロ宣言 リオデカーニバル』で、ヒロインの体にタッチできるミニゲームが収録されているそうです。
任天堂が今でも独自の内規を設けているかは寡聞にして知りませんが、『リオデカーニバル』のCEROレーティングがC(15歳以上対象)であることを考えると、『魔女裁判』も同程度に収まるような調整を行うのではないかと推測します。

ポケモンのヒット以降、「子供向け」のブランドイメージが定着してしまった任天堂ハードですが、ひょっとするとこれは大いなる誤解なのかもしれません。
ニンテンドーDSが幅広いユーザー層に受け入れられている今こそ、サードパーティーは“挑戦的な表現”のゲームを投入する絶好の機会なのではないでしょうか?
というわけで、いいぞSNKもっとやれ(笑)


…それはさておき、4color rebellionのVinnk氏は次のような言葉で、リポートを結んでいます。

さて、皆さんはこのゲームをどう思いますか?
任天堂は新しい層へと市場を拡大しようとしているのでしょうか?経験に裏打ちされたビジネスの手法なのか、あるいは誤ったPRなのか?
そしてマサチューセッツ州セイラムの町は、現在と異なる形で記憶されることになるのでしょうか?

これはちょっと解説が必要でしょう。
魔女裁判と言えば中世のヨーロッパをイメージしてしまいそうですが、17世紀末のアメリカに於いて魔女として告発された無実の人が大量に処刑される事件が起こりました。それが、セイラム魔女裁判です。

セイラム魔女裁判 (from Wikipedia)

アメリカに住むクリスチャンで、知らない人は居ないほど有名な話ですね。『どきどき魔女裁判』とのゲーム名にひっかけて、うまいこと締めくくっています。

では現実問題として、魔女裁判のような“キリスト教の暗黒面”をゲームのモチーフにしていることに対して、欧米人からの反発はないのでしょうか?
実は僕が危惧したのはこの一点なのですが、上の海外サイトでのコメント欄を見る限り、「宗教的に不適切だ!」と憤慨している人は全くいません。これは意外。
ゲームファンには不信心な人が多いのかな?(笑)

冷静に考えてみると、“かわいらしげな少女の体にタッチする”という程度の表現で、かつて行われた魔女裁判の過酷な取調べを連想する人はまずいないです。むしろ欧米の基準からすると、“幼女性愛的”だとクレームをつけられる可能性の方が高いかもしれません。

つーわけで『どきどき魔女裁判』については、「宗教的な反発」は心配しなくてもよさそうです。
もっとも、仮に海外で発売される場合には、『Witch Trial (魔女裁判)』とのタイトルはさすがに使わないでしょうけどね(笑)

(06/10/19) 関連記事を追加しました。こちらも併せてどうぞ。
『どきどき魔女裁判』、ネタ画像に海外ゲームファンが騙される
『どきどき魔女裁判』、その後の海外での反応



(06/10/4) 本文一部訂正


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 4

Aya

記事とは全然関係無いけど、リオは設定5が神だと思うんですが!
ボーナス<<<<リオチャンス連荘がウマー!(笑)
by Aya (2006-10-04 06:45) 

loderun

スーブラ、リオは打ったことがないんですよねー。
つうか、実はスロッターですか?それともゲーセン台で?兵庫は裏スロが普通に稼動してて恐ろしいです(笑)
by loderun (2006-10-04 18:17) 

Aya

7号でも8号でもどっちでも(笑)
ちなみに三○人に貯金しそうな予感が微塵にもある時は打たない!

というかゲームとして楽しんでいるので「バー1回で帰る」とか十分にありえる人ですw
by Aya (2006-10-04 19:12) 

loderun

>7号でも8号でもどっちでも
お、なんかうまいこと言いますね(笑)
正直、ゲームとして楽しむにしても、パチ屋に行くならそれなりにお金が必要なのでほどほどに。CRエヴァにハマっている僕が言っても、説得力に欠けますが。
by loderun (2006-10-05 09:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。