So-net無料ブログ作成
検索選択

アマゾンから「LUNATIC DAWN2」が届いた [Amazon]

今まであまり通信販売を使ったことのなかった僕だが、最近amazon.co.jpを利用することが多い。
ゲームの新作予約で初回特典がつかない」だとか、「発売日に届かなかった」といったデメリットの声も聞くけど、在庫品なら24時間以内に発送してくれるスピーディーさが好きだ。
という訳で先日も衝動的に「あ~、久々にカリオストロの城見たいなぁ」と思ったりして、気付いたらamazonの「注文を確定しますか?」ボタンを押していた。全然関係ないがカリ城のフジ子は金髪+野戦服でなんだかテレビ版とは違う人みたいだ。以前から違和感。

話がそれた、amazonだ。一昨日に注文したWINDOWS版の「LUNATIC DAWN2」が届いた。

実は僕はRPGが苦手で、ドラクエやFFはあまりおもしろいと思わなかった(唯一の例外はDQ4、シナリオが素晴らしい!)。その僕がとてもハマったRPGが3つある。
「Wizardry」、「ハイドライド」そして「LUNATIC DAWN2」だ。本当はそれぞれのゲームについて語りたい所だけど、とりあえず「LUNATIC DAWN2」の話を。

「ルナ・ドン」を知らない人に、その魅力を説明する事は難しいと思う。
「シナリオ自動生成」、「経験値が無い」、プレイヤーは自由に行動してよく、誘拐や強盗すらできる(笑)。その自由度はロマンシング・サガの「フリーシナリオ」なんかと比べ物にならない。
少なくともルナ・ドンにおける「シナリオ」とは他のゲームと全く意味が異なる。即ち、ストーリー性が皆無に近いゲームなのだ。

しかし「宅配」、「護衛」といった、まさにお使いじみた依頼をこなして「訓練」を積み(このゲームはパラメーターアップは基本的に金頼み!)、退治依頼を徐々にこなせるようになると俄然面白さが増してくる。
強大な敵を前にした緊張感、ダンジョン踏破の達成感、貴重なアイテムを手に入れた時の喜び。
ストーリー性を廃した結果残った、そういったストイックなまでの「RPG本来の楽しさ」こそ僕が「LUNATIC DAWN2」に魅せられた理由ではないかと思う。
PC98版から数えて、約7年ぶりの再会、今夜は楽しみだ。

(2005/6/24 amazonへのリンクを追加)


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 1

エルアキ☆

僕もこの頃ウィンドウズ版買っておけばよかったです。
今では入手困難になって後悔の日々w
あぁ orz
by エルアキ☆ (2010-01-10 16:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。