So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

アタリショック論(5) パックマン・フィーバー [レビュー]



●Pac-Man Fever
ジェリー・バックナーとゲイリー・ガルシアのデュオが歌う、1981年12月発売の流行曲。
シングルレコードは100万枚以上を売り上げ、『ビルボード』誌のヒットチャートに最高順位で9位にランクインする快挙を達成した。


続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

【艦これ】 大型艦建造に完全勝利したオレ提督 [レビュー]

sendai_win.jpg
夜戦突入で完全勝利した川内UC (ニコニコ動画)

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

あけまして、艦隊これくしょん [レビュー]

newyear_2014.jpg

2014年、あけましておめでとうございます。
早速ですが新年の挨拶もそこそこに、今回も艦これのプレイレポをお届けします。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

【艦これ】 艦これは運ゲーなのか? [レビュー]

 今回も、例によって『艦隊これくしょん』の話題です。
 遅ればせながら、提督の皆さんは秋イベントおつかれさまでした。そして未プレイの方は、現在でも定期的にサーバー開放抽選が行われていますので、是非とも着任しよう(提案)


続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

【艦これ】 最高の艦隊に勝利あれ [レビュー]

e5_top.jpg

 前回に引き続き『艦隊これくしょん』の秋イベントより、最終ステージ(E-5)のサーモン海域最深部攻略レポをお届けします。
 激戦の鉄底海峡を抜けた我が艦隊の前に立ちはだかるのは、かつてない強敵!果たして、暁の水平線に勝利を刻むことはできるのか?


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

【艦これ】 鉄底海峡の奇蹟 [レビュー]

e4_top_1.jpg

 今回は『艦隊これくしょん』の秋イベントより、第4ステージ(E-4)のアイアンボトムサウンド攻略レポをお届けします。
 本イベント最難関との呼び声高く、「もう見たくない」「クリアまで30時間かかりました」「那珂ちゃんのファンやめます」などなど数多の提督たちの嘆きが伝えられるステージ。
 さて、どう戦い抜くかな?

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

【艦これ】 戦況どうでしょう [レビュー]

teitoku_kaigi.jpg
提督の決断 - アンサイクロペディア

今回も『艦隊これくしょん』のプレイレポをお届けします。主に、現時点までの僕の進行状況を書き留めた内容となっています。
ちなみに、上の画像は本文と全く関係ありません。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

北米版メガドライブとアタリの意外な関係 [レトロゲーム]

sega_genesis.jpg
Sega Genesis - Wikipedia

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

【艦これ】 沖ノ島海域攻略記 [レビュー]

mission_2-4.jpg 今回は、『艦隊これくしょん』の難所として知られる沖ノ島海域(ステージ2-4)のプレイレポです。
 最初に結論から言いますと、ステージ到達から初クリアまで約4週間かかりました。

 ここまで時間がかかった理由の一つは、艦これwikiや攻略ブログに頼らずにクリアを目指したからです。いちおう、ニコニコ大百科の艦娘個別記事に目を通したり、twitterを通じていくつかアドバイスをいただいた部分はありますが、あくまで意図的には攻略情報を見ないという方針でプレイを進めました。
 加えて、(後述の通り)特殊な縛り…というか明らかに不利な条件で挑戦しています。その結果、非効率極まりないプレイとなっていますが、こういうバカなことをする提督が世の中には居るんだなとご笑覧いただければ幸いです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

任天堂前社長・山内溥氏の逝去に思うこと [日記・雑感]

pres_yamauchi.jpg任天堂前社長の山内溥氏死去 ファミコン生みの親 (京都新聞)
任天堂の山内溥前社長、コメントでしのぶ (日本経済新聞)

心よりご冥福をお祈りします。
人はいつか死ぬ――そんなことは百も承知していますし、日本人男性の平均寿命を上回る御年85歳であったことを思えば、きっと天命を全うされたのだと信じたいところです。
それでもやはり、ビデオゲーム史に偉大な足跡(そくせき)を残した人物がこの世から去ってしまわれたことに、言いようのない悲しみを憶えます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
前の10件 | -